本日 72 人 - 昨日 417 人 - 累計 401852 人
サイトマップ

5月13日(日)

今日は弁当無しの半日活動です。
学年別に行動。

4,5,6年生は草深ベアーズさんのグラウンドにお邪魔させていただき、合同練習……の予定でしたが、急遽練習試合に変更になりました絵文字
ベアーズさん、ヘルメット等も貸していただきありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
_20180513_193244


3年生以下の子供達は駒形グラウンドで、印旛ブラザーズさん、草深ベアーズさん、本埜ジャガーズさん(五十音順)とキラーズの4チームによる、総当たりの友遊ボール練習試合を行いました~❗
結果は2勝1敗。
印旛ブラザーズさん、草深ベアーズさん、本埜ジャガーズさん、ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
_20180513_142804_20180513_142716
_20180513_142537_20180513_142453
_20180513_142402

皆様、ご協力ありがとうございました❗


ここからは賛否両論あると思います。
“期待”と“応援”
皆さんは子供に期待していますか?
それとも応援していますか?

“期待”とは?
「ヒットを打ってほしい」
「試合で活躍してほしい」
……等、親の考えを子供にあてはめるのが期待です。
期待するということは結果を求めがちになります。
期待の主人公は、子供ではなく親になってしまいます。
“応援”とは?
子供が主役で、子供の考えを尊重し、それに対して出来ることをバックアップするのが応援です。
応援とは、損得なしで出てくる感情です。
親は子供がどんな場面になっても応援するものです。
野球をしている子供は、常に不安と戦っています。
たとえ試合での結果が悪くても、全力でプレーする子供を応援してあげて下さい。(全力でプレーしていない時は指導者が叱ります)

疲れて帰ってくる子供のために、お風呂を沸かしておいてあげる……
おいしい食事を用意しておいてあげる……
これも立派な応援です。


応援ではなく期待になってしまい、その期待が大きくなりすぎると、子供が置いてきぼりになってしまいます。

…………って、ネットで見たことがあります(笑)


期待はこころの中で、応援は言葉(態度)で。

皆様、これからも子供達の応援宜しくお願い致します❗

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):