本日 44 人 - 昨日 239 人 - 累計 277880 人
サイトマップ
小林キラーズvs泉台ファイターズ
[1-4]

ーーーーー

新チーム結成より目標としてきた「ろうきん杯」の1回戦。平日練習もこなして、万全の態勢で挑みます。

キラーズは先攻。初回、先頭打者が四球で出塁するも、盗塁死。2番打者も四球で出塁するも後続せず無得点。一方の守備は絶好調。初回、先頭打者の強いショートゴロを捌くと先発投手が波に乗る。
3回までパーフェクトピッチングのまま、二番手投手へ交替。二番手もレフトの好捕などあり、4回を3球で仕留めるナイスピッチング。しかしながら5回、相手先頭打者のライトオーバー2塁打からバントなど絡められて4失点。その裏、4番・6番の長打で1点を返すも時間切れでここまで。

試合に敗れはしましたが、今年一番のナイスゲームでした。やはり目標を持つことで、そこに対して集中することができていたと感じます。子供達は悔しい思いをしましたが、これを糧に新たな目標に向かって挑戦して欲しいと思います。

印西メッツ・草深ベアーズ・小林キラーズ合同vs八街ファイターズ・八街南ジュニア合同
[16-18]

ーーーーー

3チーム合同で大会出場のCチーム。キラーズからメンバー入りの3人は昨年も同大会スタメン出場しており、今回期待は大きい。

印西メッツ・草深ベアーズ・小林キラーズ合同チームは後攻。1回表四球と失策絡みで4点を失う苦しい立ち上がり。しかしその後は投手を中心に立て直すも、規定の9アウト⇒投手交代の4回に大量失点を喫する。しかし6点を追う4回裏に猛攻開始。四球に振り逃げを絡め、キラーズの3番&4番の連続HR!さらに6番は3塁打と爆発し、一気に追いつく。時間切れでタイブレーク方式の延長戦。四球に満塁弾で6失点。裏の攻撃で4番のタイムリーなど4点返すも反撃はここまで。

Cチームは3年生や野球経験の少ない子もいる中で、キラーズ3人組はフル出場。猛暑の中での延長戦は相当体力的には堪えたでしょう。随分とタフになったと感心しました。

試合には負けましたが3人ともに良い表情で帰ってきました。それぞれ役割を果たした充実感と自信を手にいれたのではないでしょうか。

来週からは今年最大の目標である『ろうきん旗』に向けた練習が始まります。いよいよキラーズの旗を見せるとき。期待が高まります。