本日 64 人 - 昨日 239 人 - 累計 277900 人
サイトマップ
小林キラーズvs酒々井ビッグアローズ
[1-13]

---

このところメンバーも揃わず大敗続きのちびキラーズ。相手は郡市の強豪ビッグアローズ。善戦したいところ。

キラーズは先攻。初回、2番のヒットから2死2塁のチャンスも4番が凡退して無得点。その裏、2死からエラーで出塁を許すも見事な牽制でアウト。無失点で凌ぐ。2回裏に連続エラーから1点を失って迎えた3回表、2死から痛烈な左中間突破の3塁打から2番が1打席目に続くヒットで同点に追いつき、ムードは最高潮に。しかしながら、その裏の守りから硬さが出てしまう。やはりエラーで出塁を許すとバッテリーミスにエラーが絡み3失点。ここから反撃の力は残っておらず、4回裏には大量9失点でジエンド。

前回のレポートにもあったとおり初回の入りが課題でしたが見事な牽制も有り、無失点で凌いだことで序盤は良い試合が出来ていました。一方でやはり精神的なスタミナに欠けるのか、はたまた接戦で硬くなったかミスが出だすと止まらない負の連鎖という課題はクリア出来ませんでした。

今日も経験の浅い外野手が飛球を直接キャッチしたり、5・6年生に当たりが出たり良いプレーは随所に見られました。

今後、暫く大会が無いことも有り、じっくりチーム力を上げる時間に当てることができます。
夏の仕切り直しで『ちびキラーズ』から脱却出来るか楽しみですね。

小林キラーズvs内野シャークス
[2-14]

---

Aチームで大敗した相手とBチームも対戦。
相変わらずのメンバー不足のため、相手の了解を得て6年生1名が先発メンバーに。

キラーズは先攻。A同様に初回の攻撃を三人で打ち取られると、その裏からいきなり相手の猛攻を受ける。先頭打者に四球で出塁許すと、2死まで漕ぎ着けるもバッテリーミスに長打→四球→バッテリーミスで一気に4失点。2回は1失点に留めるも、3回にまたも猛攻を浴びて計14失点。
新チーム結成以降6戦するも、初回に失点が無かったのは初戦のみ。当然、打撃の良い選手を上位に配置するだけに無失点に抑えることは難儀ではあるが、ここを上手く凌げば波に乗れそうな気もします。

2試合続けて大敗の中で光明も。
2回の守りで2年生の外野手が大きな飛球を見事にキャッチ。続く3回の攻撃では結果三振に倒れるも、果敢にスイングして相手投手に8球投げさせました。また、続く打順の2年生も負けじと打ってでます。更には4回、変わった相手2番手投手から四球でチャンスを作ると4年生が豪快に初ヒット&タイムリー(相手中継の間に更に1者生還)。前回は3年生、今回は4年生にヒットが出た事で、まだヒットの無いメンバーも勇気が持てるのでは無いでしょうか。

苦しい試合が続きますが、どの試合にも子供達の成長が見て取れます。
良いプレーをした子供達は、やはり回りのことに気がついたりヤル気が上がったりと行動が変わります。
次週、次々週も試合が続きますが、新たなヒーローが誕生することを期待しています(^^)

小林キラーズvs内野シャークス
[0-15]

---

連敗中のキラーズですが、今日は更に『泣きっ面にハチ』状態。
体調不良などでレギュラー3人を欠き(元々登録12名しかいませんが…)、いきなり苦しいスタート。

キラーズは先攻。初回の攻撃を三人で打ち取られると、その裏いきなり相手の洗礼を浴びる。先頭打者に粘られ、何とか打ち取ったものの守りのミスで出塁を許すと、その後はエラーと長打で相手攻撃が止まらない。初回打者14人、四球は1ながら投球数は43球に達し、失点9となる。
もはや試合は初回で決まり。相手チームも盗塁を仕掛けないなどキラーズの事情を考慮した攻撃に見えました(申し訳ない)。

要の選手が不在で初めてのポジションに付く子供も多く、大変だったと思います。
そんな中で、今日は3年生が綺麗に初ヒット(この試合唯一のヒット)。新チーム結成以降、これまで5・6年生にしかヒットはありませんでした。これをキッカケに、下級生もどんどん打てるようになると、もっと楽しくなるでしょうね。

スコア上は大敗ですが、子供達のなかには何かしら課題や自信が残ったと思います。
今後の成長に期待です。