本日 50 人 - 昨日 239 人 - 累計 277886 人
サイトマップ
小林キラーズvs八日市場中央スポーツ少年団
[0-7]

---

いよいよ2015年ちびキラーズの戦いもFINAL。
例年同様の寒さと、今年は小雨が降る中での1回戦です。

開会式から降る雨の影響で若干ぬかるみのあるグランドコンディションの中、キラーズは後攻で試合開始。初回の守り。先頭打者に粘られるもサードフライに打ち取り幸先良いスタート…と思いきや、次打者の鈍い当たりが内外野の間に無常にも落ちる。さらに3番打者の当たりもこれまた芯を外すが外野の前へ。先制を許す。しかし、雨に強いエース。次打者以降を打ち取り続くピンチを切り抜ける。その裏キラーズが反撃。不良コンディションを味方に3連続四球で無死満塁と絶好のチャンス。しかしながら相手投手が開き直ったか、三振→内野ゴロで2アウト。続く5年生はファールで粘り、タイミングを掴む。そして7球目に捉えた打球だったがショート正面!なんとこの回無得点。2回は無失点で凌ぐが、3回表に守備の乱れが続き2失点。さらに降雨が強くなった4回に力投するエースの制球が狂い、失点が続く。
時間的に最終回となる5回。7点のビハインドを追いかける。先頭打者は打ち取られるも、2番3番が執念の安打でチャンスをつくる。ここで迎えるは初回無死満塁に凡退の4番キャプテン。しかし力が入ったか、結果は捕邪飛。続く5年生の当たりは痛烈な当たりもセカンドゴロで万事休す。。。

これで2015年にキラーズが参加する大会は全て終了しました。3人の6年生と低学年中心のメンバーで、春先はとても勝てそうな気がしませんでした。しかしながら地道な監督・コーチの努力で、Aチームを相手にしても善戦できるようになりました(秋は練習試合6連勝!)。

なかなかチームが勝てない中でも6年生は最後までやり切りました。
守りが乱れても平常心でチームを牽引したエース、ポジション始めて1年で市内屈指のレベルまで強肩を磨いたキャッチャー、野球を始めて2年未満ながらその長打力と俊足で魅了したセンター。みんな良く頑張りました。

最後に5年生以下。みんなはキラーズの宝です。監督・コーチの指導で成長したことは確かです。今年の経験を誇りに、みんなの成長を待ってくれた仲間(特に6年生)に感謝して、来年以降もっともっと良いキラーズを創り上げてください。

6年生、そしてキラーズの仲間へ。
5年間、夢と感動をありがとうございました。